2007年3月の日記


>>31(土) 松山デザイン会議
>>29(木) ことばが走る
>>28(水) 松山デザイン会議 3
>>27(火) 松山デザイン会議 2
>>22(木) 松山城リフト下のことばのちから
>>20(火) 乗り換え
>>19(月) 電車乗り換え
>>17(土) アーチスト 片岡鶴太郎さん
>>16(金) 松山デザイン会議
>>15(木) ラーメン屋台の終焉
>>13(火) 豊島区池袋「芳賀荘」3
>>13(火) 豊島区池袋「芳賀荘」2
>>12(月) 豊島区池袋「芳賀荘」
>>09(金) 噂の奥に潜むもの
>>08(木) たててもらいたい噂
>>08(木) 少子化が進めば・・・
>>07(水) 好意的と悪意的と
>>06(火) 砥部焼き研修
>>05(月)
>>02(金) 五稜郭は雪の結晶
>>01(木) 美味
[最新の日記]
  
2007年3月28日の日記


松山デザイン会議 3
翌25日(日曜日)は「松山デザイン会議」本番。
場所は国際デザインアート専門学校、会場を学校に選んだのは学生の参加を促す事も大事だが教育環境のなかで我々も学という謙虚な姿勢で望む、という目的があった。
エヒメデザイン協会と松山市の取り組みや、僕の地域でのブランディングの仕事を基調講演として、高知、岡山、佐賀の話しを交えながら話しは進んだ。
僕が伝えたかった事は地域におけるブランディングは商品ではなく人であるという事だったが、なにしろ筋書きのない車座会議だから話しは飛びまくり。しかし本音の交流ができたと思う。
写真は昨夜、菅野さんが城山荘で描き上げた「松山デザイン会議」の書で、会議終了の際、エヒメデザイン協会に進呈された。

ここには桜が咲いてます。
2007年3月28日(水) No.779


2007年3月の日記をすべて読む
No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
[TOP]
002074
shiromuku(n)DIARY version 1.31