2007年3月の日記


>>31(土) 松山デザイン会議
>>29(木) ことばが走る
>>28(水) 松山デザイン会議 3
>>27(火) 松山デザイン会議 2
>>22(木) 松山城リフト下のことばのちから
>>20(火) 乗り換え
>>19(月) 電車乗り換え
>>17(土) アーチスト 片岡鶴太郎さん
>>16(金) 松山デザイン会議
>>15(木) ラーメン屋台の終焉
>>13(火) 豊島区池袋「芳賀荘」3
>>13(火) 豊島区池袋「芳賀荘」2
>>12(月) 豊島区池袋「芳賀荘」
>>09(金) 噂の奥に潜むもの
>>08(木) たててもらいたい噂
>>08(木) 少子化が進めば・・・
>>07(水) 好意的と悪意的と
>>06(火) 砥部焼き研修
>>05(月)
>>02(金) 五稜郭は雪の結晶
>>01(木) 美味
[最新の日記]
  
2007年3月17日の日記


アーチスト 片岡鶴太郎さん
先日、池袋の個展会場で久しぶりに鶴太郎さんとお会いした。
1995年の初個展から11年のあいだに3500点の作品を描いたという。
役者の鶴太郎さんも多忙なのに、このエネルギーたるや凄いものがある。
一日一点描いてほぼこの数字になる、鶴太郎さんの睡眠時間を聞いてみると
なんと一日四時間という。
そして朝は必ず風呂に入る、僕らなら10分でも寝ていたい。
テレビや映画の台本は車で移動中に記憶してしまう。

これを聞いて驚いたが、それよりも付き人さんはたまらない、なぜなら付き人さんは鶴さんより遅く寝て、そして早く起きなければならないから頬はこけ、長続きしないらしい。
話しながら感じたのだが、鶴太郎さんの目がなんとなく岡本太郎さんの目に似てきたような気がした。
2007年3月17日(土) No.774


2007年3月の日記をすべて読む
No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
[TOP]
002067
shiromuku(n)DIARY version 1.31