2007年3月の日記


>>31(土) 松山デザイン会議
>>29(木) ことばが走る
>>28(水) 松山デザイン会議 3
>>27(火) 松山デザイン会議 2
>>22(木) 松山城リフト下のことばのちから
>>20(火) 乗り換え
>>19(月) 電車乗り換え
>>17(土) アーチスト 片岡鶴太郎さん
>>16(金) 松山デザイン会議
>>15(木) ラーメン屋台の終焉
>>13(火) 豊島区池袋「芳賀荘」3
>>13(火) 豊島区池袋「芳賀荘」2
>>12(月) 豊島区池袋「芳賀荘」
>>09(金) 噂の奥に潜むもの
>>08(木) たててもらいたい噂
>>08(木) 少子化が進めば・・・
>>07(水) 好意的と悪意的と
>>06(火) 砥部焼き研修
>>05(月)
>>02(金) 五稜郭は雪の結晶
>>01(木) 美味
[最新の日記]
  
2007年3月1日の日記


美味
つまり味の美しさということだが、それを感じる感覚は大切だと思う。
実は1週間前、ふとした縁繋がりの人達と遅くまで飲んだ席でのこと、高知の博物館からきた若い女性が「ボンカレーは美味しいですよ」と自身たっぷりにいうので驚いた。
僕は自分の感覚のなかで味覚には自信がない、なぜなら肉は一切食べられないし、刺身も駄目という偏食者だから「美味い」が判らない、だが「まずい」の判断はできる。
その判断でいうとボンカレーは美味くはないが、まずくもないという具合になる。
多くの若者達の味覚はレトルト食品やドライフーズが基準になっている。
数字に置き換える事の出来ない基準(ものさし)づくりはまずピンとキリを知ることから始まる、カレーで言えば最高と最低の味のカレーを食べてみる、そうすれば価格に惑わされる事なく自分で味の判断がつく。

美しさを語るとき、どのくらい美しいかはわからなくとも、「まずい」はわかる感性は育んでいたいもんだ。
2007年3月1日(木) No.761


2007年3月の日記をすべて読む
No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
[TOP]
002081
shiromuku(n)DIARY version 1.31