最新の日記


>>05/25(金) 風早バンドTHEよもだーず
>>05/23(水) 北広島農場お米パッケージ
>>05/10(木) みかんまるごと大福リニューアル..
>>05/01(火) 尾道港まつり
>>04/20(金) 三方よしのまちづくり
>>02/22(木) 三方よしのまちづくり
>>02/20(火) 愛育フィッシュトラック
>>02/19(月) 湯田弧福
>>02/02(金) 1980年〜制作したロゴマーク
>>12/26(火) 一福百果オリジナル冷凍ケース
[最新の日記]
  
最新の日記


三方よしのまちづくり
この考え方は近江商人の商売の基本です、自分だけの利益を追うのではなく相手も、社会にも利益還元できる考え方です、友人の秋山氏が松山市議に新人で立候補しますが今、政治の世界にもこの
精神がもっとも必要ではないかと思います。
2018年2月22日(木) No.2239

愛育フィッシュトラック
シンボルマークを制作したのは4年前、輸送車両にはまだ展開していませんでした。愛媛から東京市場までを走るトラックの広告効果はバカに出来ません。
僕が東京在住の40年前、青山通りを走る高知のトラックには太平洋の波をシンボル化した大波の
デザインが表現され驚かされました。都内を通行する人々の数は地域と比較するととんでもなく多く,それだけ効果があるという認識が大事です,やっと愛育フィッシュ1号車が走りだしました。
2018年2月20日(火) No.2238

湯田弧福
山口市湯田温泉オリジナル土産がなく3年前に「湯田弧福」という焼き菓子を開発、そのデザイン企画をしたのですがパッケージのデザインのみで販売促進はまったくできていませんでした。
「予算がない」という理由が常に出てくるのですがこの予算をなんとかしなければ認知されません、商品、パッケージ、販売促進の3ツールが揃わねば効果はないのです、あれから3年、やっと
湯田温泉駅前の街灯にフラッグが吊るされました。
2018年2月19日(月) No.2237

1980年〜制作したロゴマーク
正月明けてなんとなく今まで制作したロゴマークをピックアップし並べてみたら以外と多いので
「これだけで展覧会を開くことができるなあ」などと自己満足。こつこつやってきた成果です。
2018年2月2日(金) No.2236

一福百果オリジナル冷凍ケース
道後商店街「いおり」にみかんまるごと大福のオリジナル冷凍ケースが登場、愛媛の果物を包んだ大福を発売します。
2017年12月26日(火) No.2235

Page/ [1] [2]
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
[TOP]
019330
shiromuku(n)DIARY version 1.31