2007年3月の日記


>>31(土) 松山デザイン会議
>>29(木) ことばが走る
>>28(水) 松山デザイン会議 3
>>27(火) 松山デザイン会議 2
>>22(木) 松山城リフト下のことばのちから
>>20(火) 乗り換え
>>19(月) 電車乗り換え
>>17(土) アーチスト 片岡鶴太郎さん
>>16(金) 松山デザイン会議
>>15(木) ラーメン屋台の終焉
>>13(火) 豊島区池袋「芳賀荘」3
>>13(火) 豊島区池袋「芳賀荘」2
>>12(月) 豊島区池袋「芳賀荘」
>>09(金) 噂の奥に潜むもの
>>08(木) たててもらいたい噂
>>08(木) 少子化が進めば・・・
>>07(水) 好意的と悪意的と
>>06(火) 砥部焼き研修
>>05(月)
>>02(金) 五稜郭は雪の結晶
>>01(木) 美味
[最新の日記]
  
2007年3月13日の日記


豊島区池袋「芳賀荘」2
芳賀荘には21歳から27歳まで6年間暮らし、思い出も多い。
2階の部屋には、同じデザイン学校の親友の女の子や、歩いて1分もかからない場所に2人の親友も暮らしていたから、他の友人達もこの芳賀荘には集まりやすく、常に数人がたむろして賑やかだった。
写真は池袋駅から芳賀荘への近道となる裏通りで、当時は労務者用の500円ハウスや、出始めのコインランドリー、そしてよくお世話になった質屋などがあったが今はこのような派手なラブホテル通りになっていた。
コインランドリーの出現は1972年頃だったとおもう、それまでのアパートの共同洗濯場で洗濯板を使いながらの下着洗いから解放されたわけだから、これは嬉しかった。
今の学生さん達には考えられないとおもうが、だからこそこの芳賀荘との再会はひとしおだった。
2007年3月13日(火) No.770


2007年3月の日記をすべて読む
No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
[TOP]
000899
shiromuku(n)DIARY version 1.31